Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撃沈?。 でも!

先週は急に寒くなりなしたね?。 

冷え込みが続いて琵琶湖の状況もガラlッと変わってそうですが、もしかしてこんな時こそデカイのが・・・とポジティブに考えて土曜日の晩琵琶湖に出撃してきました。

いつも通り南湖東岸から。3か所チェックしましたが東岸は風がなくベタすぎて魚の気配なし。

1か所だけ水路付近のテトラ?ミオ筋?ブレイク?ウィードと複合要素のあるポイントでリップ角度のある潜り気味のACミノーでショボイバイトが1回あったきりで、西岸に移動。

西岸は少しだけ風があり水面も魚の気配あり!でもやはり連休で狙いのポイントはどこも先行者だらけ・・・。

本命ポイントに到着してキャストしてるとルアーの着水点やリトリーブコースの際で魚が「ガバッッ!」とライズしてくるので、期待して粘りましたが結局ノーバイト(涙)。

その後3か所ポイントチェックしましたが、どこも気配なし!行く先々で先行者の人達に状況を尋ねても皆イマイチとの事でした。

2時過ぎまで頑張りましたが気温も4度まで下がり、アタリも全くないので仮眠してから朝の6時あたりから再度、昨夜唯一魚の生命感があった本命ポイントで頑張りましたが・・。

やっちゃいました?。ハイ、丸坊主でございます?(笑)。

まぁ、今回は急な冷え込みのせいにしておきましょう!(笑)。ビッグベイト系やトップの釣りは開き直りも大切!いちいち考えすぎたり落ち込んでいてはやってられない釣りです。・・・と自分にいいきかせます(爆)。

で・・、日曜日の朝、前日の疲れで早く寝たのでアホみたいに早く目が覚めたので久々に近所の野池に紅葉を見がてら竿1本もって散歩に。

室池紅葉

紅葉がきれいでした!

この野池は家から車で15分程の場所にあるのですが、車をとめる所から池の水辺までそこそこ歩くので釣り人だらけにはなりません。温かい時期にはよくフローターでトップの釣りをしてました。

いつもならフローターですぐに行けるポジションでもオカッパリだと山道を通って歩かなければ行けません。寒いので厚着ぎみだったので大汗!

以前夏にトッパーのマエヤンとフローターできたのですがその時は満水でウィードだらけでした。この時期はそれが枯れて、おまけに減水するのでブレイク沿いの残りウィードのエッジがオカッパリでねらえます。

寒いうえに用事があるので1時間限定。昨日は琵琶湖でボーズだったので今日も期待せずにダブルスイッシャー?表層系バイブレーション?スピナーベイトと流していくがやはりノーバイト。

諦めつつ、帰る間際に少しだけ久しぶりにワームの釣り。ワームを投げだすと時間がいくらあっても足りないので10投限定で絞り込んだポイントを丁寧にスローに攻めます。

深いほうからブレイク沿いのウィードエッジに向かうように6インチブルーザー(スタッガーより柔らかいので超スローでもしっかり泳ぎます)を通してると・・

室池2
うっそ?!!ひったくられてアワセる間もなく暴れまくり! この池はずいぶん通ってるがオカッパリでこのサイズは初めて!

まさか釣れるとは思ってなかったのでメジャーは持ってきてない(汗)。
とりあえずGルーミスのグリップをあてて携帯で撮影。
室池1
>
琵琶湖のバスに比べるとかなりスリムなので45くらいに思えたのですが魚と同じ長さに切ったラインを家に帰ってから測るとジャスト50センチ!

ごくまれにこんなことがあるので野池もあなどれませんね。

来週も寒いけど琵琶湖の後、朝一ダッシュで来ようかなぁ!

おかげでゴキゲンな祭日を迎えれました?(笑)
スポンサーサイト

あれぇ??

金曜の晩、琵琶湖へ行ってきました。

水?金曜まで気温が上昇傾向だったので期待大!

オカッパリで南湖の東岸?西岸の何か所かをまわりました。

東岸のメジャーポイントを2か所チェックしましたが風がなくベタ凪でなんかイマイチ。ショボイ1バイトのみで西岸に移動。

西岸は程よい風で水面も魚の気配アリ!

しかし、本命ポイントは2か所とも2人ずつ先行者がいてアウト・・・。

仕方ないのですこし場所をずらして晩秋用に用意した水面下のルアーを投げるが、思ったよりウィードがたくさん残ってたので結局はいつもどうりACで水面の釣りをしました(笑)。

ちょこちょこ地味?なバイトはあるがなかなかノラない・・。

そして、

tibi.jpg

「バッシャッ!」っとエエ音でバイトしてくれた後、プルプルッ!と・・・・。

ありゃ??

とりあえず移動。

次のポイントは先行者がいなかったので、アドレナリン全開で第1投!

「ぱしゃっ!」

と出て・・。

また同じ位のチビ・・。

チビがいるということは特大もおるはず!

とポジティブに考えてさっきのポイントと交互に時間をおいて入り直しましたがノーバイト(涙)。

ゴムボで出撃してるトッパーの友人達はダブルスィッシャーで45?49センチ3匹釣れたとの報告。

もう少し粘ってると40クラスがスラマーにヒット!・・が、かかり所が悪くハンドランディング寸前でフックアウト?・・・・。

ここで集中力がとぎれてしまいました。


1時半頃から急に冷えてきたので車で仮眠をとってから夜明け前にもう1か所まわるつもりでしたが、起きたらすでに8時だったので家の用事があるためダッシュで帰宅しました。

いろんな人の情報では良いのが釣れてるみたいですが、今回も僕の番ではありませんでした。

めげずに年内は毎週末通います!



2軍?1軍へ?

先週末は用事で琵琶湖に行けず・・。

こんな時はルアーいじり!

急に寒くなってきたので、苦手な水面下系のルアーの修理と調整でもして気分転換します。
手作り.jpg
まずはこれ。
ずいぶん前に材質の木の比重を考えずに自作した失敗作(笑)!

表層系で作ったつもりが見事に潜ってしまいます(爆!)。

でも、これからの表層に出にくい季節に活躍するかも?

フラットボーン.jpg
次はこれ。

テールを付けるコの字型の部分が壊れたので壊れた部分を削り取り、テール部に細めのヒートンを横向きに付け、ノンソルティーのワームを切ったものに穴をあけてヒートンに差し込んでそのヒートンの穴に貫通するように爪楊枝を刺せばテール再生!

ラインアイをウォブリング仕様に付け替えて腹に板オモリを付けて完成。これもこれからの寒い時期用です。

フラットボーンは今や中古屋で400円?位から買えますが、よく釣れる上に色々改造しやすいので大好きです!
タロン.jpg
お次はこれ・・。タロン7インチ。
これも、ブームの時は3000円もしたのに今や中古屋の最安値でなんと!315円・・。

今、またリアル系のスイムベイトがもてはやされてますが、元祖はやはりこれでしょう!今年はバリバリ復活か?

・・といっても実は僕が苦手とするルアーです(笑)。

とりあえず何個か持ってるやつを接着剤で補修してこれからの時期に活躍?してもらいます!

2軍のルアーもちょっとした改造、使い方で1軍に成り得るかも?

こういうのも楽しいです!

それでもやっぱり可能なら表層系のルアーで釣りたいなぁ?。


連休!

久し振りの嬉しい3連休!行ってきました琵琶湖西岸。007.jpg11月からはオカッパリ。ゴムボートの時はちょい投げでも十分で、魚がウィードに潜ってもアンカーを上げて真上まで行けばランディング可能なのでタックルもバット径が細くて柔らかいトップのグラスロッドで竿のブチ曲りを楽しみますが、オカッパリではそうはいきません。で、今回使ったのはパワーと飛距離重視でGルーミスの955C。7フィート11インチで2?6オンス表記ですがティップがしなやかなので下は1.5オンスのAC7インチでも快適に投げれます。

本当はウィットマーが欲しいのですが高くて手が出せないので上手くなるまではこれで十分どころかかなり気に入ってます!ウィードエリアを攻めるには抜群!マンメイドストラクチャーなどのピンスポットを釣るときはテンリュウのシェスタ73BBを使用してますがこれも安いのにメッチャ良いです!

1日目、金曜の晩に去年の今頃反応が良かった南湖西岸の数か所をチェック。
しかし、やはり連休なのでどこも先行者だらけ・・・。

4か所目に行った学校裏のゴロタ石のシャローに堤防があるポイントに到着。なんか水面は静かで期待できんな?とおもいつつ1軍のACマグシャッドをヨタヨタ泳がしてたら・・
006.jpg
「チュポッ!」という地味なバイト音で出ました!
005.jpg
54センチの体高ある魚でしたがお腹が薄っぺらいので2790グラムしかありませんでした。でも良く引いてくれた上に、ランディング時堤防から水面に降りるまでハラハラさせてくれたのでオモロかった!

その後時間を置いてもう一度同じポイントを攻めましたがこの単発に終わりました。

もしかしてもっとエエのおるかも・・って思って懲りずに2日目、日曜晩また行きましたが。
008.jpg
この日はチビの活性が高い日でした?。


こんなサイズが4匹ほど釣れました。
チビでもバイトが派手だったのでドキッとしますが、Gルーミスではパワーがありすぎるので全然引きは楽しめません(笑)!

今回の2デイズの印象としては、ターンオーバーも落ち着き魚がシャローにいる感じでした。
でもまだまだウィードが残っているのでルアーのトレースコースを考えるのは難しかったです。

あぁ?。年内に60アップ獲れるかなぁ?・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。