Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカピカニョロニョロ?。

土曜の夕方、竿付きでポイントの下見に行ってきました。

大阪市内の某河川。

狙いはシーバス!

で、明るいうちから待機してると、だんだんと水面が騒がしくなってきた・・。

やがてボイルが始まり小魚の群れが何かに追いかけられてるのが橋の街灯の光ではっきりと見えた!

「今日こそエエんちゃうん?!」

期待してミノーをキャストしたら・・。

20091128b.jpg

本命の魚ではありませんでした(笑)。画像が横でスンマセン!

もう、太刀魚が水面から魚体を見せて飛び出してイワシとコノシロを追いかけまくって凄い光景でした。

20091128c.jpg

まさかこんな湾奥の河川で太刀魚が釣れると思ってなかったのでビニール袋なんて持ってきてなかったので、とりあえずシメてから地面に置いてたら通りがかりのオバちゃんがビニール袋くれました。

オバちゃんアリガトウ!

20091128a.jpg

指4本くらいの太さの食べ頃サイズだけ4匹持ち帰って、あとは途中から合流した友人と通りがかりの人にあげました(笑)。

1時間であっという間に10本くらい釣れたのですが、シーバスは絶望的・・。

僕は用事があったので7時過ぎに帰ったのですが、あとで友人に聞くと「夢中になってると持って帰るのに困るくらい釣れた。」と言ってました。

20091128d.jpg

家に帰ってさばいてると、腹からいっぱいイワシが出てきました。(グロい画像でスミマセン!)

頭落としてワタ抜きして背びれ取って血合い取って、家族4人で食うには十分な量。

20091128e.jpg


さすがに大阪湾の魚はサシミは怖いので唐揚げにして美味しくいただきました。

翌朝、あれだけのイワシの群れがいるならシーバスも時間をずらせば釣れるんちゃうか?って思って朝の暗いうちから再度同じポイントにいきましたが・・・。

イワシは泳いでるものの、シーバスの反応はナシでした(涙)。

しかも、昨日の太刀魚の群れもウソのように消えてました。

ここのポイントによく来る地元アングラーいわく,太刀魚は小潮まわりの満潮からの下げまで、シーバスは大潮過ぎ?中潮なら満潮干潮問わずイワシがいれば釣れるらしい。

海の魚ってタイミングが全てなんやな?。

しばらくこのポイントへ通うつもりです。
スポンサーサイト

水墨画の日本海

嬉しい3連休!

初日の土曜日は丹後半島の八丁浜にサーフィンしに行きました。

本当は僕1人で行って朝1ラウンドしてから昼寝して、もう1ラウンドしてから釣りでもして温泉入ってノンビリしたかったのですが、娘が「私もいきたいっ?!」ってしくこく言うので結局は家族付きの1ラウンド?温泉コースになりました(笑)。

025.jpg
晴れたり曇ったり雨が降ったりなので日本海ではよく綺麗に虹が出ます。

この写真では解りにくいが、胸?肩のドチョッピーコンディション(汗)。

024.jpg

ちなみに八丁浜右のここはヒラメやマゴチが釣れるらしいが今回は釣りはナシ!

この日は北西風がキツかったので本当は風を交わして波が整う小天橋ポイントに行きたかったのですが、家族連れなので公園とトイレが近いという事でこのポイントに入りました。

八丁浜は波打ち際が深く、そのちょいアウトサイドが砂が溜まって浅くなっていて、そのまた沖側に波がブレイクするピークがありますが、胸?肩サイズのドチョッピー波の時は左側の堤防手前のカレント(離岸流を利用する)に乗ってアウトへ出て、1本波に乗ってインサイドまで来たらまた堤防手前のカレントを利用してピーク側に出て行く繰り返しです。沖でノンビリ波待ちしたくてもどんどんピーク側に流されていくのでパドリングしっぱなしで結構ハードです(涙)。

しか?し!案の定ですが(爆)。

1か月以上サーフィンにブランクがあった僕はアウトのピーク前まで出れたのは良いものの、1発目から中途半端な波にしつこく乗ってしまって、プルアウトした場所が中間のハマってしまうポジションだったので、いきなりセットの波を何発かくらってしまいました(笑)!

それでも、ローカルのサーファーは上手く板をトリムしてたまに来る良い波をロングライディングしてたので、僕も頑張ってみましたが何本かはテイクオフしたものの納得のライディングは1本も出ずに2時間ほどでパドリングがバテバテになって終了しました(涙)。

まぁ、毎週海に行って波のない日もプールに行ってトレーニングしていれば体も出来上がるのでしょうが、普段から意識的に体を鍛えてない40過ぎのオッサンがたまに行ってもこんなモン(笑)。

僕の歳になれば若くてバリバリに体が動いていて毎週のようにサーフィンに行ってた頃の自分と比べる事自体が無意味なので今はありのままの情けない自分を楽しむようにしてます!

028.jpg

疲れ果てた姿をあざ笑うように嫁サンに撮られた写真(爆)!
しかし、ホンマにオンショアキツかった?。

あと、最近気付いたのだがショートボードしてるサーファーが高齢化?してるような気がする。

圧倒的に30代?が多いような気がする。

サーフショップのオーナーが言ってたが、今は若者のマイカー所持が減って20代のサーフィン人口が減っているらしい。

僕らの時代は「お前サーフィンするんか?ほな、連れていったろか!」って誘ってくれる先輩がいた。
もちろん交通費は割り勘で往復の車の運転をさせられるのは当たり前。「お前ちょっと先に入ってチェックして来い!」なんて事も当たり前・・。

その代わりにポイントの事やシークレットポイントなどもよく教えてくれた。

もちろん最低限のルールも。

今はどうなんだろう?

029.jpg

帰りしなに弥栄あしぎぬ温泉でパドリング疲れでガチガチになった体をほぐして家路へ。

この時期のサーフィン後の温泉は最高!

さて、連休後半は釣りにでも行きますか!

17年ぶりのシーバス(セイゴやな!)

17年ぶりにシーバスのルアー釣りに行った。

今は大阪でも最も奈良に近い所に住んでいるが、32歳で結婚するまでは大阪市内に住んでいた。

なので、20?24歳の頃は訳も解らずにシーバス釣りに行ってたが、それなりには釣れた。

その頃の記憶を頼りに土曜日まだ明るい時間からポイントチェックしていきました。

安治川の上流?六軒川?桜島(現ユニバーサルポート)とアングラーの居るポイントで「こんにちわ?!」と挨拶しながら情報収集して、ついでに太刀魚情報もゲットする為にそのまま舞洲?北港ヨットハーバー?淀川チェックへ・・・。

20091114a.jpg

アジと太刀魚が回ってるポイントは何処も人でいっぱい!(汗)。
この橋の下狙ってたのに無理?!

次に行ったポイントはどうにか釣りできそうなのでタックルの用意をしようとしたら・・・・。

「リール家に忘れてきてる?(涙!)。」

磯タモと竿とルアーや小物の入ったバッグは持ってきてるのに?!

俺も40歳にしてボケがきてしまったのか・・・。

でも、こんな時のスイッチの切り替えはまだまだ20代でっせ?!

家までダッシュしてリール取って、またダッシュでメインポイントの中島川へ戻っていきました。

嫁ハンには「アホちゃうか?」みたいに見られましたが、ホンマ、アホです(汗)!!

せっかく満潮前後の潮の動きに合わせようと思ったのに、いきなり時間ロスト・・。

でも、先行者のアングラーが「今日は釣れますよ!」の一言をくれて去って行った(釣れるのに何で帰るねん!)ので、頑張ってみました。

20091114b.jpg

で、なんとか17年ぶりにチビですが嬉しい再会?!

実は何年か前にハゼの餌釣りの外道でセイゴクラスは釣ってるのですが(恥!)。

海の魚は小さぁてもよう引いてオモロイですね!

シーバス釣り復帰にドップリとハマルには十分の1匹でした。

その後、同じようなサイズをバラした後アタリが無くなったので天保山運河に移動。

20091114c.jpg

ここはライトの光が明るく複雑に流れがあって、しかもベイトはめっちゃいっぱい居てました。

「もしや、爆釣か?」って思いましたが、シーバスらしきアタリは無しでした・・。

先行者の若いお兄ちゃんが太刀魚を釣ったので、最近流行っているらしい「ワインド釣法」も試してみましたが、海のルアー釣りにワームを使うという考えに乏しいオッサンの僕はイマイチ自信のもてない釣りに疲れて「・・と言うよりリールを忘れたショックで疲れていたと思う(爆!)。」この日は終了しました。

結局ここではTDバイブロストのみの結果でした(涙)。

でも、シーバス面白いです!セイゴクラス?ハネクラス?スズキクラスとステップアップ目指して頑張ります?。

冬の新しい楽しみ。

土曜日は今年ラスト?になるであろうゴムボート出撃してきました。

トッパーのマエヤンと二人でトップの釣り・・。

いつもの琵琶湖南湖のメジャーポイントに浮かびましたが、僕が35センチ位のを1匹釣っただけで超ショボイ釣果(涙)。

思えば、今年は春?晩秋を通して同じポイントにゴムボで浮かび続ける事でそのポイントの季節的特徴やクセがかなり解った。

バスボートならあちこち移動できるが、手漕ぎゴムボートは行動範囲に限界があるのでどちらかといえばウェーディングの延長に近い釣り。

釣れてる情報のあるポイントをあちこちと器用に回れない僕らですが、それなりには楽しめた。

家に帰ってからフローターと一緒にゴムボートも物置部屋入りのシーズンオフになりました。

年内は琵琶湖の釣りはオカッパリオンリーで楽しみます。

200911081.jpg

今年は17年ぶりにシーバス釣りに復帰しようと思い、少ないお小使いから2万円の予算で入門者向けの竿(メジャークラフトのモノ)とリール(シマノアルテグラ09ARCスプール)を買った。

17年前は10フィートクラスの竿に4000番のリールとナイロン16ポンドでやってたが、今は8?9フィートに2500?3000のリールにPEが主流みたい・・。

昔と比べるとタックルの性能が良くなってるんですね?!

20?24歳の頃は大阪市内に住んでいたので、よく淀川や天保山ばかり行ってたのですが、今は色々なポイントが開拓されて色々な釣り方があるみたい・・。

200911082.jpg

竿とリールを買ったのでシーバスルアーを買うお金がなくなったのでバス用で使えそうなモノを選んでフック交換。

気分がノッてきたのですが、潮回りがイマイチ。

この日は用事があって満潮?下げのタイミングで夜に海に行く時間もない・・。

久しぶりのスピニングに慣れない細いPEライン?ナイロンリーダーに慣れるために、とりあえず近所の野池でシーバスタックルのキャスト練習!

200911083.jpg

次はもっと長?い銀色のヤツを河口や港湾で釣りたいと思います(笑)

ダメだねぇ?僕・・。

土曜日の夜は数日間暖かい日が続いてたうえに天気が崩れる前日だったので期待して琵琶湖南湖に行きましたが・・・。

オカッパリ1か所目の西岸のお目当てのポイントは先行者で満員御礼(涙)!

仕方なく移動?。

2か所目は東岸の最近熱いこじんまりした流れの絡むポイントで頑張りましたが・・・

20091101a.jpg

こんなんとか(大汗)・・。

20091101b.jpg

このサイズで精一杯でした。

12時を過ぎたので回遊性のヤツを狙いにもう1か所東岸のポイント回ってゴムボ出撃しても・・

20091101c.jpg

20091101d.jpg

期待し過ぎの時っていつも見事に大ハズシしてしまいますわ。僕は・・(笑)。

ウィードに居ついてる細い40前後が2匹のみ(涙)。

さっさと切り上げて前のポイントでもう一回オカッパリしてると、「バッシャ?ン!」と大きなルアーの着水音がするので帰り際に声を掛けるとワイルドベリーのマッチャンさん、グッチさん、ウサコさんの3人さんでした。

僕は釣果が芳しくなくてショゲてたけど、帰り際に楽しく雑談できて気分転換になりました!

40過ぎで皆さんと歳は離れてるけど、また会った時は話相手になってやってくださいね?(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。