Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだカタクチイワシおった?!

先週にひき続き堺の某港にシーバス釣りに行ってきました。

朝の6時に現地到着。

しかし、先週は暗い内に阪神高速下の明かり下にイワシのボイルが見えたのに今週は見当たらない・・(汗)。

「あ?っ。今週の冷え込みで撃沈してもうたか・・・。」

っと思いながらとりあえず釣りし始めた。

暫らくすると先週エエ思いをしてた同じメンバーのアングラーが8人ほどやってきた。

あいさつすると、「昨日も7?9時の明るい時間帯からボイルが始まったので、まだ大丈夫ですよ!」っと嬉しい返答を頂いた。

20100117b.jpg
 
ホンマにその通りカタクチイワシのボイルが始まった?!

写真からカタクチイワシの濃さがお解りでしょうか?

このポイントのポテンシャルはやっぱり本当だ!

20100117a.jpg

とりあえず、先週よりほんのチョットだけサイズアップ。

先週と同じように上手いアングラーはバイブレーションやスピンテールジグで上手くレンジキープして釣ってましたが、僕的にはやはりシーバスはミノーで釣りたい!

このポイントは一旦ボイルが止んだらどんどん歩いて次のイワシボールを探す繰り返しです。

ちなみに僕らの少し沖にシーバス船が浮かんでましたが、圧倒的にオカッパリアングラーのほうが釣ってました。

シーバスは水面や岸壁や停泊船の船底にカタクチイワシを群れで追いこんでるのでルアーのリトリーブコースからしてオカッパリのほうが有利でした。

ブラックバスもシーバスもベイトを追い詰める事のできるストラクチャー付近のほうが食わせやすいのは一緒ですね?。

20100117c.jpg

停泊船の沖側の船底付近でボイルがあったので船底の影側にロングキャストしてゆっくりリトリーブしてたら食ってきた!

また前のより少しサイズアップ?(嬉)!

先週はベイトにあわせて7?9センチのイワシと同じカラーのミノーを使ったがイマイチだったので、今回はチャートやホットタイガーなどの派手なカラーを使ったのですが、これが正解でした。

よく考えてみれば、本物のイワシの群れにニセ物のイワシカラーを投げてもボヤけてるだけだったんですね?。

イメージ的にはリアルなカラーのほうが釣れそうな感じがするのですが、ブラックバス同様チャートって釣れますね!

この日の結果は2匹でしたが、とりあえず目標通り少しサイズアップできたので9時に納竿しました。

この感じだと来週もまだイケそう!


スポンサーサイト

今年初シーバス(セイゴ?ハネサイズやけど)。

堺の某港に大量のカタクチイワシが入港してて腹パンのアフター回復シーバスが釣れるという情報を聞いたので、9日にメバル釣りに行った帰りの開けの日の10日の昼前にチョロッとポイントチェックしに行きましたが本当でした!

しかし、その日は家に帰らなければならない時間だったので下見程度の短時間の釣りで僕が護岸際のメタルバイブのシャクリでチヌをバラしただけの結果でした。

で、今日の朝にもう一度出直しました。

20100111a.jpg

イワシの群れが通り過ぎる付近にシンキングミノーを通すと食ってきたセイゴ?ハネサイズ。

とりあえずチビでも今年初モンは嬉しい!

でも・・。

僕の隣のアングラーは70アップやら60クラスやらをガンガン釣っている!

「俺ももっとデカいの釣りたい?!」モードで殺気出まくってたのか、釣れたけどサイズダウン・・。

20100111b.jpg

どうやらデカいのは下のほうにいてリアクション的に食わさないとダメみたい。

そりゃ本物のイワシに夢中になっているなら当然だけど・・。

家に帰るタイムリミットがあるので時合いを逃すまいと必死コキましたが何か僕だけ空回りしている(大汗)!

なんとかもう1匹デカいの欲しいっ!

ここでソフト系のラッキークラフトのスラーにルアーチェンジしてリズミカルにダートさせてたらデカいのが追ってきた!

「食え?っ!」っと、

足元で最後のとどめにフォールさせたら食った!

「よっしゃ?(笑)!」

・・・・と思ったのもつかの間・・・。

「バレタ?(涙)!」

この後さっき釣ったのと同じようなサイズのコイツを追加してタイムアップ?残念!

20100111c.jpg

とりあえず小さくても3匹釣れればヘタクソな僕的には上等なのだが、周りのアングラーは60?70クラスを結構釣っていたのでどうも納得いかない。

メバル釣りもシーバス釣りも両方ともチビに終わってしまった・・。

このポイントにカタクチイワシが居る間はこれから毎週通ってやるぞ?!!

観賞魚かっ?

少し遅いですが、あけましておめでとうございます!

寒さにともない釣行回数も減っている今日この頃です・・。

9日は冬型の気圧配置が少し緩んだので初釣りに行ってきました。

泉南方面にメバル&ガシラ釣り!

・・と言っても近年流行りの「メバリング」ではなくてシラサエビがエサの電気ウキ釣りですけどね(笑)

本当は極小ジグヘッド等を使ったルアー釣りで釣りたいのですが、僕はブラックバス釣りでも細い糸とジグヘッドを使った中層の釣りは大の苦手。

特に「今ジグヘッドがどの辺をどう泳いでるか?」が、あのノー感じの巻き抵抗で理解できてない。

ましてや潮の流れや風に影響される海で1?3グラムのジグヘッドで一定層を探るなんていっても、たぶん僕がやれば何がどうなってるのか解るハズない(笑)。

ということで、わけも解らずに「メバリング」をする前にシラサエビの電気ウキ釣りでどんな所にメバルがいてどのような潮の時にどの層で釣れるのかを理解してから次回「メバリング」にチャレンジしようと思いました。

20100109a.jpg

しかし・・・エサ釣りと言えど、そんなに甘くはなかったです(笑)。とりあえず即リリースの観賞魚サイズが釣れました。

今回は独身時代のサーフィン友達のLogan君のご指導でウキ釣りをしましたが、Logan君は近年釣りといえば電気ウキの流し釣りをメインにしているらしいがそのノウハウには脱帽でした!

Logan君はその日の魚の活性や泳層に合わせて色んなタイプのウキ仕掛けをマメに使い分けます

この日も細身の感度の良いウキ仕掛けでバッチリとタナを合わせてコメバル?20センチ級メバルを20匹ほど釣ってました。

流石、その道一本の釣法を追及している人は違いますね?!

20100109b.jpg

水槽で飼うにはエエサイズやけどリリース。


一方僕は細い糸の長いウキ下の仕掛けの扱いに慣れず、おまけに手持ちの電気ウキが大きめのものしかなくて上手くアタリが取れず、Logan君の真横で釣りしていたにもかかわらず全部リリースサイズのコメバル4匹ミニミニガシラ1匹の貧果でした(涙)。

でも今回の釣行で「メバルの居る場所や泳層、エサの自然な流し方」を学んだので自分的には習得になりました。

なにより楽しく釣りできたのはLogan君のおかげ。

ありがとうLogan君、勉強なったわ?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。