Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C66]

僕はダイワのファントムをおねだりしたの思いだしました^^
結局よう投げれずヘラざおにウキとエビつけての人生初バスとなりましたがずっと憧れてたルアー釣りが今出来る事を幸せだと思います^^
釣りの時はいつも子供心でワクワクします!
今でも釣りキチ三平はルアー釣りのお話が大好きでついつい探してしまいますね~^^
  • 2009-04-02
  • 投稿者 : しみ
  • URL
  • 編集

[C67]

しみサン、

僕らくらいの世代は皆同じような思い出があるものですね~!^^
 
僕はタックルに関しては、ただノスタルジーを感じるだけでなく今も実際に使ってます~。





  • 2009-04-02
  • 投稿者 : sasayann
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ec60b7feet.blog8.fc2.com/tb.php/42-2f672d3a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

釣りキチ三平

実写版の釣りキチ三平が放映されますね・・・。

思えば・・

僕が釣りを始めたのが小学校5年の時。

もう28?29年前の話。

ちょうどアニメ版釣りキチ三平が始まって、少年マガジンにはまだ連載が続いてた。

もちろんアニメは毎週欠かさず見て、少年マガジンの連載も本屋のオバチャンにハタキでパタパタされまくられながらも必死に立ち読みした(笑)。

僕はその頃は釣り針にイソメやゴカイやミミズを付ける投げ釣りと浮き釣りしか知らなかった。

ところがマンガ版の三平は変なグリップをした竿(後にブローニングだろうと解った)に変なリール(これも後にアンバサダー5000Cと解る)を持って、おまけに針に餌を付けずに変な浮き(これまた後にジッターバグだと解る)を投げてカッコイイ魚を釣ってるではないか!!

多感な少年時代の僕は思わず飛びついてしまった!

紛れもなく僕にルアーのブラックバス釣りの存在を教えてくれたのは釣りキチ三平だったのだ。

しかしである・・・。

当時は今みたいに国道沿いにバカでかい釣り具店なんか無く、近所の商店街にこじんまりした釣り具屋が1つあることしか小5の僕は知らなかった。

でも、その店のガラスケースの中にはアンバサダーがあったのだ!

おりしも1ドルが350円の時代、少年の夢はもろくも壊れた・・。

今で言うカルコンDCどころではなかったのである。

しばらくしてフィッシングサロン心斎橋と阿倍野アポロビルにあったルアー専門店の存在を知って、暇があればチャリンコをこぎまくって行った。

そこにはフェンウィックやスミスのスーパーストライクやレスターファインやシマノのバンタム、ダイワのファントムのルアー竿がずらっと並べられていた!

しかし、やはり貧乏な家で育った僕にはとても手が届くものではなかった。

それでもなんとかダイワの一番安い「トラウトライト」という3000円くらいの茶色でフジグリップのグラス竿(当時は今みたいにブランクスルーのストレートグリップなどなく、ほとんどのバスロッドがフジの樹脂製ガングリップでリールを脱着するのに10円玉は必需品でした)とダイワのミリオネアのいちばん安いのお年玉でゲットした。

使い方がイマイチ解らず、ろくにキャスティングできずに挫折してそれはそのままミミズの浮き釣り竿になった(笑)。

でも、中学1年生になった時に劇的な出会いがあった。

担任の先生がバス釣りをしていたのである!!

必死になって自分がルアーでバスを釣ってみたいという話をその先生に伝えると、先生は「この竿とリールは気に入らないから安く売ってあげるよ」と言って破格でゲットしたのはーーー

ルーのスピードスティックとシマノのバンタム10SG。

これは快適に7?18グラムのルアーが投げれた!

うれしくて南海電車にのって堺市の野池に行きまくった。

でもまだブラックバスは釣れない・・。


タックルを売ってくれた先生にねだって車で小野の野池に連れて行ってもらった。

独身貴族な先生の4段タックルボックスにはヘドン、アーボガスト、レーベル、ラパラ、コーデルのルアーがびっしり並んでた。

当時は今の様な国産リアル系ルアーなどなく、釣り具屋に並ぶA級ルアーはほとんどアメリカモノで、これまたドル高で高価だったので子供が簡単に買えるワケなく(今やタックルベリーでどれも300円台!)何個かは先生のものを借りパクもした(笑)。

40歳になる今でもそのころの影響で非リアル系のポップな感じのルアーが好きである。

そして、生まれて初めてバスがルアーにチェイスするのを中1の僕は体験した。

残念にもバイトには至らなかったが・・

あの時のドキドキ感は決して忘れない!

確かルアーはオリムピックの小さなダブルスイッシャーだ。

結局人生初バスはスピナーだったが、やっと釣りキチ三平に少し近ずけた気がした。


釣りキチ三平というと僕はあのころを思い出す。

そして20歳の時音楽にハマッて釣りから離れた時に捨ててしまった竿に20年ぶりに再会しました。

005_20090329231508.jpg

中古屋のレジ裏に立てかけられて、まだ値札もついてないのに無理を言って5000円で譲ってもらいました。

28年前で新品価格が6700円だったので決して安くはないのですが、某有名トップブランドのリバイバル物が30000円もすることを思えばこの状態の良さは破格!

20年」たって再び同じ竿を破格で買いました。

こいつは切っても切れないクサレ縁ってやつか?

今年はこれで僕も釣りキチ三平にもどれるかな?




スポンサーサイト

2件のコメント

[C66]

僕はダイワのファントムをおねだりしたの思いだしました^^
結局よう投げれずヘラざおにウキとエビつけての人生初バスとなりましたがずっと憧れてたルアー釣りが今出来る事を幸せだと思います^^
釣りの時はいつも子供心でワクワクします!
今でも釣りキチ三平はルアー釣りのお話が大好きでついつい探してしまいますね~^^
  • 2009-04-02
  • 投稿者 : しみ
  • URL
  • 編集

[C67]

しみサン、

僕らくらいの世代は皆同じような思い出があるものですね~!^^
 
僕はタックルに関しては、ただノスタルジーを感じるだけでなく今も実際に使ってます~。





  • 2009-04-02
  • 投稿者 : sasayann
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ec60b7feet.blog8.fc2.com/tb.php/42-2f672d3a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。