FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ec60b7feet.blog8.fc2.com/tb.php/63-6beb6515
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

1か3か?

リールを買いました。

いまさら何故?って思われそうですが、アブのトルノシリーズ。

写真左から3006HS-I、3004HS-I、3003です。

20090903.jpg

レボシリーズのほうが性能は良いかもしれないが、どうもデザインがS社やD社のモノマネっぽくてアブらしさが感じとれない。

でも、一昔前は某有名プロも使ってて、そこそこチヤホヤされたリール。

一昔前(・・と言ってもたかが数年)のスポーツ選手やトレンド俳優やアイドルの如く、新しい物が出ると時代から淘汰されるのもロープロファイルリールの宿命・・。

決して性能が悪い訳ではないのにニューモデルが出ると、中古屋でB品扱いにされてしまう。

車でもフルモデルチェンジすると前のモデルが安くなってしまう日本のマーケット。

出た当時は「これは最高です!」なんて謳ってても、「今度出たのはもっと最高です!」なんていうことをメーカーは繰り返す。

はたしてこれは「進化」なのか「踊らされて買わされてる」のか?

僕は「進化」であることを願ってますが、独身時代のようには財布はついて行けません(笑)。

でも!

この不景気風でお小使いの乏しい僕にはこれで十分。

3台でなんと!17000円ナリ?。

3つ買ったのはパーツを良いとこ取りするためと、このリールがもう廃番でパーツが手に入らない為。

それと、これならメーカーにオーバーホール出さなくてもリール自体のメカ部の隙間があるので自分でほとんど分解できる。

これらを買った理由はオカッパリ用に使っていたS社のメチャ軽いベイトリール、メタOウムMG7がまた壊れてしまったから。

以前もハンドルを巻いた時にガリゴリしたのでオーバーホールに出たら、メインギアとピニオンとピニオンのベアリング変えられて9000円も取られたのだが・・・。

マメにオイルアップしてたし、水没さした事もなかったのに。

その前にもハンドルが逆転するという、ありえない故障をした。(これはクレームで治った)

今回はクラッチレバーの付け根の金具が曲がってしまったのか、リベットが緩んでるのか?サムバー式クラッチボタンが斜めになってちゃんとクラッチが切れない!

僕は普段は古いオールド系タックルを使うのも好きなので28年前のアンバサダー5500Cなども使うのですがそれはL字型のクラッチボタンで、どんなに重いルアーをぶらさげた時でも、魚が掛ってかなりのテンションがスプールにかかってもボタンを押せば軽?くクラッチを切る事が出来る。20090903a.jpg
シルバーの5500Cは長?い間使ってるが壊れたことなんて1度もない。


機械がメッチャシンプルで、ある程度の隙間と遊びのある構造だからと思うんですが・・。

ところが、今時の高性能なロープロファイルのベイトリールのほとんどは構造が高精度な作りのため、スプールにテンションがかかるとクラッチにもテンションがかかりサムバー式クラッチボタンを切るのが硬くなってしまう。

しかも僕の使っていたS社のメタOウムMG7は軽量化のためか、クラッチ付け根の金具の厚みが無く、新品のときから「なんか頼りないな?。」と思ってた。

昨年の秋?今年の早春に重たいビッグベイトをオカッパリでブン投げるのに酷使していたからか?

またメーカーにオーバーホールに出しても前回みたいに高額な修理代を取られるのもアホらしいので、売ってしまいました。

もちろん最新型のリールに比べればトルノシリーズは飛距離や巻き心地は劣るかもしれませんが、僕は5/8オンス以下のルアーはほとんど使わないので、5500Cと比べたら十分すぎるほど!

実際に近所の野池で試し投げしても緑色(7000円)のも銀色(6000円)のも青色(4000円)のも大して飛距離も巻き心地もかわりませんでした(笑)。

あとはこの3つのリールのパーツ(ギア、ベアリング、ブレーキユニット、ハンドル)を良いとこ取りしてオイル、グリスアップもして自分のお気に入りの1台に組み上げるのが楽しみです!

その前に、オイルアップだけしてこの3つをもうちょっと使い込んで、各リールのどの部分が良いかを考えてみます。

晩酌に飲むアルコールは安いサントリーのスーパーブルーで口が慣れてしまいましたが、リールもブルーでもグリーンでも慣れてしまえばそれで良し(笑)!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ec60b7feet.blog8.fc2.com/tb.php/63-6beb6515
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。